Ray Angle BLOGフォトグラファー嘉納愛夏のブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スピリチュアルな人々 18:00

関係ないですけどツシマヤマネコです 耳が丸くてかわういです

 

 

近頃、スピリチュアルな人々と交流することが多い。

 

なぜかというと、15年来の友人Yちゃんが元々スピリチュアルな人で、彼女が最近女友だちを積極的に作るようになったから。

10年以上前の話だが、彼女はシャーリー・マクレーンの著書「アウト・オン・ア・リム」を、霊感ゼロのワタシに無理やり押し付けたこともある(笑)

 

 

 

持ち歩くうちにあまりにも読み進められないので文庫本の表紙がボロボロになり、これはまずい…とブックオフで同書を買い求め、返却する時にガワだけ替えたのだった。

 

彼女のスピ度が半端ではない、とわかったつい最近。

というのも「ふだんから色々見えるものがある」とカミングアウト(?)され、スピ系の友だちを紹介されて、彼女たちもいろいろ見えたり神の声というか天の声が聞こえたり導かれたりするのだという。

 

見えたり聞こえたりするのはちょっと羨ましいと思いつつ、大変でもある。

お告げが欲しい時に啓示があるのはいいが、いらない時にそれがこられても困りそうだ。

都合のいい時ばかりに見えたり聞こえたりするわけではないから、つらい現実も受け入れなければならないこともあるそうだ。

 

信じる信じない?

 

とても一言で言えないが、議論することはナンセンスっちゅうものだ。

見えないものは信じないといえば、自分たちを構成する細胞核やDNAも人の目では見えないわけで、自分の存在の確かさが失われるような気がする。

 

レイキというスピ系の治療法がある。

それは長年何がええのかよくわからなかったが、人の手をゆっくり体にあてているだけで、あてられている方は「癒しホルモン」とでもいえばいいのか「オキシトシン」という物質が体内から分泌され体が楽になるのだそうで。

レイキの説明(パワーを送ることで治る的な)とは違うけど、結果的に「治った」という人はそれで楽になってたのね、と納得。

 

 

 

 

(実家に帰ると4匹いる猫に撫でることを強要されるのだが、そのたびに「猫ほど人間をうまく活用している動物はいないなぁ」などと思う。人に撫でさせていい気分になってるのねーニャンコは…)

 

自己治癒力というのはわりと信じていて、薬はほとんど飲まない。

風邪をひいても病院には行かないし、やはり薬も飲まないが長引かない。

(あ、漢方は別ね。)

 

変形性膝関節症で、以前は痛み止め(ロキソニン)を服用していたがそれも今は飲んでいない。

というのも、一日3回飲むように処方され、胃が荒れたことがあった。

医者にはほぼ副作用ないと聞いていたので、胃がおかしいのが薬のせいだとは最初思わなかったが、気付いて飲むのを少しやめてみた。

その後医者に「胃が変」と言うと、「一日3回は多いね」。

は?…おいっ、てめーが処方したんやろがっ。

 

話がそれた。

 

レイキ、の話から自己治癒力、そして最近Yちゃんに紹介されたMちゃん。

「クラニオ整体」という、自己治癒力を利用するマッサージなんですけど知ってます?

これをMちゃんはやっているのです。

 

 

 

ワタシもやってもらいましたが、とてもすっきりして気持ちいい。

オキシトシンが出てるのかなぁ、という感じ。

やってもらった後は熟睡ですわ。

| 日常つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rayangle -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.rayangle.net/trackback/1394739
<< NEW | TOP | OLD>>