Ray Angle BLOGフォトグラファー嘉納愛夏のブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
銃の一斉検査 00:00
こないだの日曜日は所轄の銃の一斉検査だった。

いわゆる許可銃のことで、クレー射撃や猟に使うライフルや散弾銃が対象だ。
居住地の管轄の警察署で年に一度、春に行われる。

まだ春じゃないよ?

ワタクシもそう思いました。

お知らせは検査のだいぶ前に封書で届くのだが、今年の検査が早いのは、間違いなく「サミット対応」が全国の警察に課せられているからだろう。

伊勢志摩サミットは5月だが、何つっても警備がその場所だけじゃすまないから大変だ。
付随する会議が、伊勢志摩周辺ではない、いろんな場所で行われるとのことで、いやはや御愁傷様としかいいようがない。

最近テロの対応訓練なんかが盛んに全国各地で行われているようだが、民間に対する注意喚起が一番の目的であるとしか思えない。
テロは起こってしまったらどうしようもなく、後は「どう処理するか」でしかない。

テロを未然に防ぐのが一番よいのは当然なのだが、防ぐと派手さはなく、誰にも防いだと認識してもらえない。その時は。
だけど本当の仕事っていうのは地味なもんだからねぇ。
地味でいいんです、ほんと。
「あの時ちゃんと防いだんだぜ」と後で教えてもらえれば、すげえって思えるし国民も納得して信頼を寄せるであろう〜。

中東で何度も自爆テロや空爆の現場を見てしまっているので、日本という国が持つ「抑制力」とでも言ったらいいのか、窮屈で息苦しい時も多々あるけど、とても貴重だと思う。
日本で自爆テロをやるメリットもあまりないだろうけど、ネットで世界中がつながっている今、何が起きてもおかしくないのだな。
他人の考えは読めないのだから。

現職大臣の暗殺 Baghdad, Iraq 2004


銃の検査に話を戻すと、昨年の誕生日前に3年に一度の更新を終えて、一年も経たずにまた検査するのか〜(がっくり)、ということなんだが…ま、これも「抑制力」ですな。

いいかげん、は許されないという。
| 日常つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rayangle -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.rayangle.net/trackback/1394738
<< NEW | TOP | OLD>>