Ray Angle BLOGフォトグラファー嘉納愛夏のブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
第1空挺団降下訓練始め その8 17:00
本日のさあびす画像。
跳出塔体験のために移動中の中谷防衛大臣です。

警備のスペシャリストから見たら、SP、MPの位置や目配りどうなんでしょうね?


その7からのつづきです。

アパッチロングボウ(AH-64D)がどこからともなく現れました。
地形を利用して潜んでいたようです。



そしてUH-1Jのドアガン射撃。
このUH-1タイプのヘリですが、ヒューイという愛称があります。
ざっくり言うと、ヘリを作っているベルというアメリカの会社が米軍に卸したときはHU-1という名前で、1(イチ)を「I」(アイ)に見立てて「ヒューイ」となったそうです。


UH-1といえばベトナム戦争時はUH-1 イロコイ。
ヒューイでイロコイ、ということになろうかと思うのですが、自衛隊での一つ前のタイプUH-1Hや、写真のUH-1Jはヒューイでなんちゃら、という話は聞きません。

米軍の最新のUH-1はUH-1Y ヴェノムというらしいのですが、ベルのWEBサイトではUH-1YのYはYankee(ヤンキー)を表すみたいです。
てことはヒューイ ヤンキー ヴェノム?
…わかりません、すみません(笑)

そうこうしているうちにチヌークが着陸して載っていた偵察バイクをおろしました

バイクをおろして速やかに離陸するチヌークとドアガン射撃を続けるUH-1J、攻撃しながら進む歩兵。
ヂリヂリと内陸部へ前進します。


アパッチロングボウは低空でホバリング…
いやあ、こわいです、正面からはほんとにイカツイ。


今度はAH-1Sコブラが2機、猛スピードで空気を切り裂きながら飛んで来ました。
UH-1タイプの多用途ヘリとは違って攻撃ヘリですから、見た目の凶暴さは重要です。
そして二人しか乗れないのですが、見てのとおり幅がないので前後で乗るのです。

ほんっと、細い…弾があたる確立が減るってことなんでしょうが

アパッチは左旋回

そしてUH-1Jが3機急接近!

1機目はやんちゃそうなUH-1Jがギリースーツをまとった隊員を載せて現れました。
めちゃくちゃ低空なのに結構ノーズを上げてて大丈夫か??

ギリーな二人をさくっと降ろしたようです(ぜんぜん見えない…)
そして2機目、撮影位置からだと事故っているようにしか見えない(笑)

実際、この2機目はシリモチしてバウンド、ぐるんと小さく旋回してから武装した隊員らを降ろしたようです。どひぃ〜〜(TдT)
とにかく大事にならなくてよかったです。
ナイスリカバリー!(怒られただろうなぁ…遠い目)

 


近い!!ド迫力

この後、UH-1Jはまたドアガン射撃に移りました。

地上では枯れ草と見事に一体化した狙撃手の姿にほっこりします

そして低いローター音をうならせながら2機のチヌークが上空に。

バリバリバリバリ… おっ、次はリペリングだな!

2機同時に降りるので撮るのに忙しいんですけど


ところでダウンウォッシュの埃や石ころ、枯れ草でダメージを受けないようにV.I.P.席周辺の人にはアイプロテクターが用意されていたようですね…

To be continued...

 
| 自衛隊 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rayangle -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.rayangle.net/trackback/1394730
<< NEW | TOP | OLD>>