Ray Angle BLOGフォトグラファー嘉納愛夏のブログです。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
銃の一斉検査 00:00
こないだの日曜日は所轄の銃の一斉検査だった。

いわゆる許可銃のことで、クレー射撃や猟に使うライフルや散弾銃が対象だ。
居住地の管轄の警察署で年に一度、春に行われる。

まだ春じゃないよ?

ワタクシもそう思いました。

お知らせは検査のだいぶ前に封書で届くのだが、今年の検査が早いのは、間違いなく「サミット対応」が全国の警察に課せられているからだろう。

伊勢志摩サミットは5月だが、何つっても警備がその場所だけじゃすまないから大変だ。
付随する会議が、伊勢志摩周辺ではない、いろんな場所で行われるとのことで、いやはや御愁傷様としかいいようがない。

最近テロの対応訓練なんかが盛んに全国各地で行われているようだが、民間に対する注意喚起が一番の目的であるとしか思えない。
テロは起こってしまったらどうしようもなく、後は「どう処理するか」でしかない。

テロを未然に防ぐのが一番よいのは当然なのだが、防ぐと派手さはなく、誰にも防いだと認識してもらえない。その時は。
だけど本当の仕事っていうのは地味なもんだからねぇ。
地味でいいんです、ほんと。
「あの時ちゃんと防いだんだぜ」と後で教えてもらえれば、すげえって思えるし国民も納得して信頼を寄せるであろう〜。

中東で何度も自爆テロや空爆の現場を見てしまっているので、日本という国が持つ「抑制力」とでも言ったらいいのか、窮屈で息苦しい時も多々あるけど、とても貴重だと思う。
日本で自爆テロをやるメリットもあまりないだろうけど、ネットで世界中がつながっている今、何が起きてもおかしくないのだな。
他人の考えは読めないのだから。

現職大臣の暗殺 Baghdad, Iraq 2004


銃の検査に話を戻すと、昨年の誕生日前に3年に一度の更新を終えて、一年も経たずにまた検査するのか〜(がっくり)、ということなんだが…ま、これも「抑制力」ですな。

いいかげん、は許されないという。
| 日常つれづれ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rayangle -
311から5年 noteで勝手に記念企画始めました 15:45
note、更新しています。

あれから5年。311を取材した日々を振り返る。 〔3月11日まで随時更新〕|aikanou|note(ノート)https://note.mu/aikanou/n/n41a2b341c607


東日本大震災の写真を随時(1日1回くらいかな〜)更新します。

更新時にはそれまでアップしていた写真は有料マガジンに格納されます。3月11日に合わせて311円です。

311とヒトとそれ以外の何か。|aikanou|note(ノート)https://note.mu/aikanou/m/m650eae0a1514

このシリーズの有料ノート、有料マガジンにはこれまで公開していなかった凄惨な写真も含まれる予定です。現実を知りたい人、写真を見たい人だけ見ていただければよいかなと。

ま、有料ノートでも1枚目は無料で見られるので、ちくちく覗いていただければ目を背けたいかもしれない写真以外はご覧いただけます。

ちゅうわけで…よろしければご訪問くださいませ。
お暇なら来てよね〜ん♪w

お知らせでした。


| おしらせ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rayangle -
note、更新してます。 12:00
本日は紀元節ですね。
天気がよくめでたい。

ところでnote、更新が楽でよいです。

過去のプリントを断捨離する前にスキャンしてのっけたりしてます。
よかったらのぞいてみてくださーい。

https://note.mu/aikanou


1999年のしし座流星群。しかし写真的には夜明けまで待っても「群」にならなかった件w
| おしらせ | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rayangle -
台湾とわたくし。 20:00
JUGEMテーマ:台湾

このたびの台湾南部地震で被害に遭われたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます。


台湾。
ただ一度、10年以上前に友人と旅行に行きました。

私は台東で日本語を話す、かつて日本人だったおじいさんに出会いました。
おじいさんには南さんという中年のおじさんの友達がいて、彼も日本語が話せました。

ナンさんじゃなく、ミナミさん。そう名乗るところからして、とっても日本贔屓です。日本語で教育を受けた世代ではないので、日本贔屓だから日本語をマスターしたのでしょうけど。


李登輝元台湾総統も流暢な日本語を話します(2004年12月の来日時に撮影)


「日本が台湾に教育をもたらした。日本が来る前はそれは悲惨だった」(おじいさん)

おじいさんは日本統治時代に実際に日本語で教育を受け、そのときの先生の名前やクラスメートをはっきり憶えていて、写真、教材なんかも保管していたのです。
とても恩を感じているようで、日本が戦後、台湾から手を引くしかなかったことを非常に残念に思っていました。

西で暮らした人間は大抵そうだと思いますが、高校まで「日本は戦争中悪いことをした」、という自虐史感を植え付けられていたものだから、当然ながらそんな話はそれまで一度も聞いたことがありませんでした。東京へ引っ越してからは薄々日本の教育をあやしく感じていましたが…。

実際に聞いてしまうと確信に変わります。

「色々と捏造されているんだな〜」

「近現代史ってちゃんと習わないもんな〜」

「都合が悪いからきちんと教えないんだな〜」

と、その時はっきりわかりました。

当事者に確認するという作業、大事ですね。


おじいさんに「明日はどこへ行くの?」と聞かれ、「ファーリエンに行く」と答えたら怒られました。

「日本人なら『花蓮(かれん)』と言いなさい!!」、目から鱗が落ちました…おじいさん、真の日本人はあなたです(笑) 
| つぶやき | comments(0) | trackbacks(0) | posted by rayangle -
雪かきの思い出。 08:00
JUGEMテーマ:つぶやき。

おはようございます。
あいにくの天気ですが、東京はドカ雪免れそうですね。
少し前、雪に弱い東京のことで「ニュースが騒ぎ過ぎ」と盛り上がってました。


昨日は埼玉SMARTの総合災害訓練に行ってきました 楽しかったです
本文と何の関係もないです すみません


それはそうです。
ニュース「が」騒ぎ過ぎなんであって、東京の人はもくもくと移動していました。
ニュース「が」騒ぎ過ぎのせいで、東京の人が悪く言われバカにされる…なにか釈然としません。

もう10年前になりましょうか。

上越地方の異状なドカ雪を取材するため、現地へ行きました。
仮設住宅に住む一人暮らしのお年寄り(中越地震後だったのです)が入り口の雪をかけなくて困っていたので、代わりに雪をかいていたら、近所のおねーちゃんが私の靴を指差して笑いました。

「これだから東京の人は…(革靴で??、と言いたかったのでしょう)」

と言いました。




えーっと、ズボンで編み上げ部分が隠れてるけど、半長靴なんですけどこれ?

(なんで雪かき手伝って指差して笑われないかんのかな?)と思いましたが、放って置きました。
どうやら「東京への憧れ」の裏返しで絡んでいる、というのを感じられたから。

…すまん、オレ関西人(爆)

ところで、昔ほどではないにしろ、一部の東京の人は「田舎もん」「訛(なま)っている」など、地方の人に感じ悪いことが多いです。
で、そういう「一部の東京の人」は、よく聞くと出身は千葉だったり埼玉だったりすることが多いかなw
そして、そういう人が話す言葉は別に「標準語」ではなく、「東京弁」と言っていいような「〜じゃん」「〜だよね」を多用する言葉だったりします。

何が言いたいかと言うと、あんた「が」訛ってまっせ、ちゅうこと。

ま、良識のあるちゃんとした人というのは、東京とか地方とかで人をバカにしたりしないんですがね。

個人レベルでは、そういうようなこと(ふだんから地方出身者や地方を馬鹿にする風潮)が多いので、「雪」のことで過剰に騒いだニュースに冷たいのは当然だとしても、騒いでいない東京人もそれのとばっちりを受けたのでしょう。

今は少し前と違って、地方の良さがどんどん見直されているから、「一部の東京の人」wも過剰な優越感を持っている人はそういないと思いますが。

人を馬鹿にする、というのは社会の至るところで見られます。
とくに派遣を使う会社で、ろくな派遣が来なくて懲りているところ(笑)
だけどやっぱり人が足りなくて派遣をとるのだけど、人を変えてもその前の人の「質」で次の人への期待もなく「どうせ仕事できないんでしょ」という態度で接する。

やはりそういうのはよくないですねぇ。
仮にできる人でも「日雇い」だとすれば、能力を生かして働こう、という意欲が失せるでしょう。
そうなったらどちらにもメリットはない。

辛抱が必要ですが、一人ひとりを見ていくべきでしょう。

て…、雪の話からこんなとこに着地してしまったな(笑)
みなさま、楽しい週末を!

 
| つぶやき | comments(2) | trackbacks(0) | posted by rayangle -
| 1/74 | >>